御食国 若狭の幸 インターネットショップ
若狭ファンクラブがお勧めする逸品です。
(お取り扱い中)
笹漬 (小鯛・きす・さより・小あじ)
 若狭特産の小鯛(レンコダイ)を三枚におろし、天然塩、醸造酢で〆め、杉樽に詰めた、若狭の逸品です。
 淡白で美味しい白身。塩の加減で甘味が引き立ち口の中に広がります。
 小鯛のほか、
キスさよりあじも同じ手法でつくりました。魚種それぞれ味付けは同じでも、全く違う個々の持ち味を楽しめます。
古来特産品・缶詰 (鯖へしこ・若狭ぐじ・鯖缶詰)
 古くから、若狭小浜は「御食国(みけつくに)」として都に海の幸を供給する食の町として栄えてきました。
 
浜焼き鯖へしこ、魚醤。海の幸が育んだ特産品をお楽しみください。
一夜干し (若狭かれい・若狭ぐじ・・)
 若狭湾は、天与のリアス式海岸である上に、日本海の暖流(対馬海流)寒流(リマン海流)が入りこむところです。
淡海水の織り成す
豊富な海の栄養価が魚介類の滋味を極立たせております。
このすばらしい海の幸の一夜干しです。
鮨 (焼鯖鮨・小鯛鮨)
 鯖どころ若狭ならではのこんがりと色よく焼いた鯖を押寿司にした『焼鯖鮨』、福井県産のこしひかりと名産小鯛のささ漬でおなじみの新鮮な連子鯛を使った上品な味わいの小鯛の押し鮨(小鯛鮨)、そして、鯖どころ特有の調味技術により味艶豊かに仕上げた鯖缶詰などをお勧めします。
調理品 (若狭ふぐ)
冬の荒波を避けることが出来るリアス式海岸の若狭湾は、日本海側で唯一の養殖とらふぐ産地になっています。
 水温の変化や水質に敏感でデリケートな若狭ふぐ(とらふぐ)が、安心して成長できる環境の若狭湾。
 有名な下関より
水温が低く、じっくり育つため、身が引き締って歯ごたえがいいのが特徴です。

もうすぐお取り扱いいたします。
和菓子
若狭のくずは「日本三大くず」のひとつに数えられ、くずまんじゅうは、そのくずを使い、豊かな水と自然の素材を生かした若狭小浜の代表的な名物です。
 良質の水と素朴な材料でつくられるだけに、掘り抜き井戸の水で冷やすと、ひときわ自然の味が引き立っておいいしいです。

また、秋から冬・春にかけては、若狭名物でっちようかんや、いちご大福をお勧めします。
若狭の地酒
奈良の「お水取り」に水を送ったと伝えられるように、若狭は名水の里。お酒づくりにもっとも大切なこの水を使った端麗で上品なお酒をお勧めします。